スリル満点のプールについて

プールのサーファー??

プールのサーファー??

昔から波乗りとうかサーファーに憧れていた…なんてね。

そんなのは無理ですから〜てか憧れてなんかいませんから…と言いつつも小さい頃はリアルに憧れていたようです私。

小学生の低学年の頃体育のプールの時間私は泳げませんでした。

できる事としら長く沈んでいる事かもしくは死んだフリ…笑。

でもこれをするとリアル過ぎて何回か先生を本当に困らせたから封印された、苦笑。

なのでする事がなくなった私は何か他に遊ぶ事は…泳げない私でもできる事はないか考えた。

そして考えた結果ビート板を使って遊ぼうと…ビート板の上にいかに長く立っていれるかを競うそんなゲームを思いついた。

この遊びはプールの時間のみんなの遊びになった。

そこでなんと泳げない私が逆にビート板から落ちたくないという気持から(泳げないという恐怖心)必死になり一番長く乗っていられるようになった。

この時だけ私は「波乗りジョニー」だった…笑。

とまぁそんな小学生の時の話でした。

泳げないのにサーファーになれるわけがないのです。

私はプールの沈没船

長い映画は本当に見るのが飽きてくる長い映画を見ていて尚且つつまらないと頭が他の事を考え始めるから映画の内容が頭に残らない。

そう本当に長かった「タイタニック」超有名作品、しかしながら長い非常に長い一つの映画で3時間を超えた映画はそんなに多くはないはず…。

まぁそんな事はどうでも良いんだけど気付いたら船沈んでた…笑。

間の部分見てたけど全く覚えてない…あちゃ〜終わってしまった…でも沈むというと私は昔よく沈没船と言われていた事を思い出した。

私は昔泳げなかった、ただ泳げなかったのではないクロールしかできなかった。

平泳ぎをするとなぜか進まずどんどんプールの底へと沈んでいった。

そんな事を何度かしているうちに私には沈没船というあだ名がついた…苦笑。

プールで楽しむ

私はプールの沈没船だけどリアルな海で沈没船に乗っていたと考えたらすごい怖かった…そんな事を思い出したら間を全く見ていないのにエンディングだけ見てすごく感動した。

今度はちゃんと最初から見よう、そしてちゃんと想像しながら感動しよう。

でも長いから当分先に…笑